暮らし安全おおいた

毎週火曜日「大分合同新聞」夕刊掲載

生活安全企画課では、安全で安心なまちづくりのために
犯罪発生状況や防犯に対する取り組み、週間犯罪件数の速報値など
様々な情報を皆さんにお届けしています。
最新の情報で、皆さんの安全・安心のまちづくりの参考にしてください。

平成23年12月の記事

年末年始の防犯対策(平成23年12月24日)

12月25日現在、県内で住宅を対象とした泥棒の被害が382件発生しています。このうち6割以上の被害者の方が、出入り口に 鍵を掛けていませんでした。 泥棒の被害に遭わないためには、たとえ短時間でも家を空ける際は必ず戸締まりをしてください。

年末年始を利用して、旅行などで家を空ける機会が多くなると思います。その間、新聞などの配達を止めたり、隣家への声掛けも 被害を防止するための一つの方法です。「鍵掛け」「声掛け」を家族みんなの合言葉にして、年末年始を安心して過ごしましょう。

手荷物などは車に残さないで(平成23年12月20日)

先週、県内で車上狙いが10件発生しています。そのうちの半数は車に鍵を掛けていたにもかかわらず、窓ガラスを割られるなどして 手荷物を盗まれる被害に遭っています。駐車する時は鍵を掛けるのはもちろんですが、座席の上などに手荷物などを置いたままには しないことです。

外から車内に手荷物があるのが見えれば、たとえ貴重品がなくても車上狙いの被害に遭ってしまいます。このような被害を防ぐためには、 車から離れる時は確実に手荷物などを持ち出して車内に置いたままにしないようにしてください。

後方確認でひったくり防止(平成23年12月13日)

最近大分市内で、深夜1人歩きの女性が、後ろから近づいてきたバイクや自転車に乗った男からバッグを奪われる被害が発生しています。 深夜の1人歩きはなるべく避け、明るい場所や人通りの多い場所を選んで通るようにしてください。

バッグは車道の反対側に持つ、肩ひもがあるバッグはたすき掛けにするなど、持ち方を工夫することも効果的です。 犯人の多くは後ろから近づいてきます。携帯電話で通話やメールをしながら歩いたり、イヤホンで音楽を聞きながら歩いたりせず、 後方の人や車に十分注意してください。

「まもめーる」で安全安心!(平成23年12月6日)

先週、県内では下校中の小学生女児が見知らぬ男から「お菓子を買ってあげる」と声を掛けられるなど、 子どもや女性への声掛け事案が7件発生しています。

子どもには下校時や屋外で遊ぶ際には複数で行動したり、防犯ブザーを携行するなど、被害に遭わないための指導を お願いします。最近は日が暮れる時間が早くなっており、暗くなる前に帰宅させてください。

県警では不審者などの防犯情報をリアルタイムに電子メールで配信する、「まもめーる」を運用しています。 子どもなどを守るため、登録をお願いします。

暮らし安全おおいたトップページへ

 このページのいちばん上へ

大分県警察本部 生活安全企画課 〒870-8502 大分市大手町3丁目1-1 Tel(097)536-2131 Fax(097)537-2114
このホームページで使用されている画像及びテキストを無断で転載することを禁じます。
Copyright © 2010 Oita Prefectural Police, All rights reserved.