暮らし安全おおいた

毎週火曜日「大分合同新聞」夕刊掲載

生活安全企画課では、安全で安心なまちづくりのために
犯罪発生状況や防犯に対する取り組み、週間犯罪件数の速報値など
様々な情報を皆さんにお届けしています。
最新の情報で、皆さんの安全・安心のまちづくりの参考にしてください。

平成24年1月の記事

不審な請求、もうけ話に注意(平成24年1月31日)

昨年、県内で発生した振り込め詐欺被害は12件で、今年は既に2件の架空請求詐欺被害が起きています。 「サイト利用料金が未納」などというだまし文句に注意してください。

最近は「大分県民にしか販売しない株・社債がある。自分たちに代わって購入してくれれば数倍の値段で買い取る」 などと言って、未公開株や社債の販売を装い現金をだまし取る手口が増えています。 被害に遭わないためには▽不審な電話や身に覚えのない請求には一切応じない ▽「必ずもうかる」という話は信用しない−ようにしてください。

店舗を狙った泥棒が多発!(平成24年1月24日)

今年に入り、大分、別府両市を中心に、夜間閉店後の店舗のレジ内の現金などが盗まれる事件が多発しています。 大半が、出入り口や勝手口の窓ガラスを割られて侵入され、被害に遭っています。

被害を防止するためには、防犯カメラやセンサーライト、非常ベルなどの防犯機器を設置することが有効です。 閉店時は確実に戸締まりをするとともに、レジや店舗内に現金を残さないこと、貴重品を置いたままにしないことなどに 注意してください。不審な人や車を見掛けたら、すぐに110番通報してください。

日頃の心掛けで被害を防止(平成24年1月17日)

最近、歩いている女性に下半身を露出して見せる公然わいせつ事案が県内で続発しています。

1人で歩く際は▽イヤホンで音楽を聞かない▽携帯電話を操作しながら歩かない ▽夜間は、暗い通りや人通りの少ない道は避ける▽少し遠回りであっても、明るく人通りの多い道を歩くようにする ▽防犯ブザーはいつでも使える状態で携行する−など、日頃から身の回りの防犯対策をお願いします。

また、もしも不審者を見掛けた場合には、すぐに110番へ通報してください。

「まもめーる」に登録を!(平成24年1月11日)

昨年、県内で子ども・女性に対する声掛け事案が147件(前年比64件増)発生しました。 特に子どもに対する声掛け事案は101件(同35件増)と大幅に増加しています。

県内では、このような被害を防止するため、声掛け事案をはじめとした不審者情報などをメールで 配信する県警電子メール配信システム「まもめーる」を運用しています。

「まもめーる」は情報の種類や対処地域の指定により必要な情報だけを選ぶこともできます。 ぜひ「まもめーる」に登録し身の回りの防犯対策に活用してください。

暮らし安全おおいたトップページへ

 このページのいちばん上へ

大分県警察本部 生活安全企画課 〒870-8502 大分市大手町3丁目1-1 Tel(097)536-2131 Fax(097)537-2114
このホームページで使用されている画像及びテキストを無断で転載することを禁じます。
Copyright © 2010 Oita Prefectural Police, All rights reserved.