暮らし安全おおいた

毎週火曜日「大分合同新聞」夕刊掲載

生活安全企画課では、安全で安心なまちづくりのために
犯罪発生状況や防犯に対する取り組み、週間犯罪件数の速報値など
様々な情報を皆さんにお届けしています。
最新の情報で、皆さんの安全・安心のまちづくりの参考にしてください。

平成24年3月の記事

ひったくりに注意!(平成24年3月20日)

深夜などに一人で歩いて帰宅中の女性が、後方から近づいてきた自転車やミニバイクに乗った者からバッグなどを ひったくられる事件が発生しています。

女性の一人歩きはなるべく避け、できる限り明るい場所や人通りの多い場所を選んで通るようにしてください。

◇バックは、車道の反対側に持つ。

◇肩ひもがあるバックは、たすき掛けにする。

◇歩きながらの携帯電話やメールなどをやめ、後方から近づく車両や人に十分注意する。

◇自転車の前かごに荷物を入れる場合は、盗難防止用ネットなどを利用する。

などに努めて下さい。

万引きは重大な犯罪です(平成24年3月13日)

今年に入り、県内での万引の被害は187件(昨年同期比1件減)で、約6割が大分、別府市内で発生しています。 被害にあった店舗は約半数がスーパーマーケットで、次いで約3割がドラッグストアとなっています。 犯人の年齢層は、65歳以上が約3割と最も多く、次に10代、50代がそれぞれ約2割と幅広い年齢層に渡っています。

万引は窃盗罪で、10年以下の懲役または50万円以下の罰金に当たる重い罪です。 「たかが万引」と軽視せず、万引を「しない・させない・許さない」社会づくりの機運を高めましょう。

手荷物残さずしっかり鍵掛け(平成24年3月6日)

今年に入り、県内で車上狙いの被害が60件発生し、うち半数の30件が大分市内で起きています。 全体の約7割に当たる41件が被害に遭った時、鍵を掛けていませんでした。 その割合は昨年同期と比べ、約2割も高くなっています。

車上狙いの被害を防ぐためには、長時間駐車するときはもちろん、少しの時間でも車から離れるときは 鍵を掛けることが大切です。

犯人は外から見える車内に手荷物などがあれば、窓ガラスを割ってでも盗もうとします。 車から離れるときは車内に手荷物などを残さないようにしましょう。

暮らし安全おおいたトップページへ

 このページのいちばん上へ

大分県警察本部 生活安全企画課 〒870-8502 大分市大手町3丁目1-1 Tel(097)536-2131 Fax(097)537-2114
このホームページで使用されている画像及びテキストを無断で転載することを禁じます。
Copyright © 2010 Oita Prefectural Police, All rights reserved.