お父さんは、警察官です。お母さんは、「お父さんの帰りがいつも遅いけど、みんなのために頑張っているのよ。」と話してくれます。お父さんは、「昔に比べて、ちかごろは、どろぼうが多くなって・・・今、どうにかして少なくし、みんなが安心して生活できるような方法を考えているんだ」と言っています。“どろぼう”がどんなに増えているのか、警察署に行って聞きました。その『まとめ』を発表します。

ボクの住むまち 大分けん

1.事件の届出

被害があったと警察に届出する人は、平成9年から毎年増えていましたが、平成16年から12年間連続で減少し、平成27年には5,000件を下回りました。

刑法犯の届出件数の表画像

※ お父さんのワンポイント解説
「認知件数」というのは、警察に届出があったりして、知った数だよ。
被害にあっても届出しない人もいるからね。発生件数はまだ多いと思うよ。
「刑法犯」というのは、「刑法」で罰せられる罪や「盗犯防止に関する法律」等で罰せられる犯罪を言うんだよ。「窃盗」や「殺人」「強盗」「傷害・暴行」等のことだよ。

↑ ページトップへ

このホームページで使用されている画像およびテキストを無断で転載することを禁じます。