犯罪の防止に配慮した環境の整備
〜  市民と自治体と警察が連携した活動 〜

犯罪の防止に配慮した環境の整備とは?


【角をとった見通しの良い交差点】
犯罪の予防を念頭においた、都市計画や施設づくり等を行うことです。
道路、公園等の公共施設や住居の構造、設備、配置等について、犯罪防止に配慮した環境設計を行うことにより、犯罪にあいにくいまちづくりを推進し、もって、国民が安全に、安心して暮らせる地域社会とするための取り組みをいいます。
この取り組みは、各種社会インフラの整備を伴うこと、地域住民が日常利用する空間における安全対策であること等から、警察のみで推進を行なえるものではなく、自治体、自治会はもとより、防犯協会、ボランティア、地域住民等の理解を得て、一体となって推進することが必要だと思っています。

犯罪に対して安全なまちの姿

例えば、「夜中でも一人で歩けるまち・安心して子育てができるまち・高齢者が安心して暮らせるまち」など、いろんな姿が浮かびます。
そのまちは、犯罪だけでなく、災害や交通事故などにも安全で、自然と共生した快適で潤いのあるまちだと思います。

まちづくりによって犯罪は予防可能なの?

犯罪の発生要因は、複雑で多種多様です。全ての犯罪をまちづくりで予防することは難しいことです。
しかし「機会犯罪」と呼ばれる侵入盗、乗物盗、車上狙い、ちかん、ひったくりやこれら犯罪が凶悪化した強盗、強姦、殺人、放火などには、犯罪に強い環境づくりで予防が可能となります。

どんな取り組みをしているの?

■ 道路、公園、駐車場、駐輪場及び公衆便所を対象とした取り組み

■ 共同住宅を対象とした取り組み

具体的な取り組みを教えて?

植裁を低くした公園

コンパクトに見通せる公衆便所

大分市パークプレイス公園通り開発に伴う防犯対策
(交差点・植栽・通学路・街灯・門扉・ピッキング対策等)

日出町大神小学校通学路の犯罪等危険個所対策
(防犯危険個所マップ)

臼杵市サイクリングロードの性犯罪等対策
(暗がりに防犯灯設置・死角の排除)

臼杵市営住宅団地の犯罪に強い環境設計
(鍵の交換、植裁の整備、防犯灯の設置)

※ その他にも、各警察署単位で設立されている「安全・安心まちづくり推進協議会」を中心に活動が展開されています。

リンク

☆ 住まいる110番(警察庁)

防犯設備等に関する相談電話 〜安全・安心のために 〜

電話番号:097−537−2114(イツモ ミ ナ  ニ イ イ ヨ 安全安心のまち)

受付時間:平日(午前9時30分〜午後6時まで)

犯罪から身を守るために、犯行に強い鍵や防犯ガラス、センサーライトなどの防犯器具の紹介、防犯に配慮した環境設計の指導、助言など、いろいろな相談に応じています。

↑ ページトップへ

大分県警察本部 生活安全企画課 〒870-8502 大分市大手町3丁目1-1 Tel(097)536-2131 Fax(097)537-2114
このホームページで使用されている画像及びテキストを無断で転載することを禁じます。
Copyright © 2010 Oita Prefectural Police, All rights reserved.