『 配偶者暴力防止法』の案内
(配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律)

平成13年10月13日から施行されています。

この法律は、人権の擁護と男女平等の実現を図るために、配偶者からの暴力を防止し、被害者を保護するために規定した法律です。

被害者は、相手からの暴力を避けるための保護の申し立てを裁判所に行うことができます。

配偶者暴力相談支援センター

大分県では、大分県婦人相談所、大分県消費生活・男女共同参画プラザ(アイネス)が業務を対応しています。

詳しい内容を知りたい方や相談は、大分県婦人相談所097-544-3900又はアイネス097-534-8874 にご連絡ください。

対応業務
  • 相談の受理、相談機関の紹介
  • 心身の健康を回復させるための医学的又は心理的な指導
  • 被害者の一時保護(紹介窓口)
  • 各種情報提供、その他の援助

警察の業務

  • 被害の発生を防止するための必要な措置
  • 暴力の制止や保護
  • DV防止法の措置内容の教示
  • 相談は、大分県下各警察署や警察本部の相談窓口で対応しています。

裁判所の保護命令

  • 被害者を保護するために「接近禁止命令」や「退去命令」を相手方に発令します。
  • 上記の命令に従わない場合は、罰則(1年以下の懲役又は100万円以下の罰金)が加えられます。

↑ ページトップへ

大分県警察本部 生活安全企画課 〒870-8502 大分市大手町3丁目1-1 Tel(097)536-2131 Fax(097)537-2114
このホームページで使用されている画像及びテキストを無断で転載することを禁じます。
Copyright © 2010 Oita Prefectural Police, All rights reserved.